胃内視鏡検査・エコー検査

経鼻内視鏡で、苦しくない胃カメラ検査を

一般に「胃カメラ」と呼ばれる従来の口からスコープを挿入する内視鏡検査では、
強い嘔吐感と窒息感を伴いました。
口からに対して経鼻内視鏡検査では、鼻からスコープを挿入します。口からと違い舌根部に刺激が少なく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。
鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもなく、検査をうけながらモニター画面で御自分の胃の状態を見れますし、医師の説明を聞きながらお話もできます。
殆どの方がすぐにお仕事に戻られ、従来の経口内視鏡検査よりも随分楽だと好評です。

経鼻内視鏡検査のメリット

  • 苦しくなく恐怖感が少ない
  • モニターで自分の胃の様子を見ることができる
  • 会話できる
  • 麻酔をするため鼻の痛みはない
  • 検査後の生活に支障がない(そのままお仕事に戻っていただくこともできます)

内視鏡検査で、病気の予防や早期治療を

経鼻内視鏡の検査では、食道・胃・十二指腸などの上部消化管の様々な病気の診断ができます。胃癌と関連があるといわれるピロリ菌検査や食道や胃の組織を採取して調べる生検もできます。
もちろん胃癌の早期発見に役立ちます。ぜひ、気軽に受けていただきたい検査です。
当院の胃内視鏡検査は保険適応です。

エコー検査

エコー検査とは

エコー検査(超音波検査)は、電気を流したりX線を照射したりすることがなく、非常に安全性が高いため、妊婦さんのお腹の中を確認する時にも使用されます。

また、短時間で患者さんには負担なく検査ができるのもメリットです。がん、動脈硬化、その他多くの病気の診断で、エコーが使われております。
なお、当院では保険診療でエコー検査を実施しています。

エコー検査の種類

腹部エコー

腹部エコー検査は、お腹のなかの臓器や組織から反射して返ってくるエコー信号をもとに腹部の臓器や組織を画像化して診断します。腹部エコーは検査時に痛みもなく、超音波装置の進歩によって診断能力も非常に高くなり、より詳しい検査が可能になってきています。
血液検査では診断できない病気、例えば早期癌、胆石、腎結石などの早期発見が可能です。

頚動脈エコー

頚動脈エコー検査では、動脈硬化がどれほど進行しているかを詳しく知ることが可能です。
頸動脈は脳に繋がる大事な血管で、異常をきたすと脳に十分な血液が流れなくなります。脳には4本の血管を通じ血液循環を行ってます。頸動脈は首にある太い血管ですが左右に1本ずつあり、触ると拍動しているのがわかります。この頸動脈から左右の脳に大量の血液が流れて行きますので生命線であると言えます。
頸動脈エコー検査により血管の硬さや厚みを詳しく調べ脳梗塞の危険性を評価することができます。頸動脈の動脈硬化が進行すると血管が細くなり最終的には閉塞します。また、脳だけでなく全身の動脈硬化を知る事が可能で心筋梗塞の危険性も評価することができ、高血圧や高脂血症などの治療が必要かなど動脈硬化の進行具合を知る事に効果的です。この検査は超音波をあてて検査するものです。基本的に人体には無害なので、定期的に検査を繰り返して行うこともできます。

心エコー

心エコー検査では、心室や心房の大きさや逆流を防ぐための弁の状態、心臓壁の動きなどがわかります。
心エコー検査の最もすぐれた特徴は、心臓の様子を〝動くリアルタイム画像〟として観察できることです。
心不全、弁膜症、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)の診断ができます。

健クリニック アンチエイジングガイド