皮膚科

皮膚科

皮膚科小手術

皮膚の表面やその直下には様々な色素斑や盛り上がったできものが発生します。中には生まれた時から存在するものもありますが、たいていは気づいたらできていた物や、はじめは小さかったのにだんだんと大きくなってきたということが多いかと思われます。
受診される目的として、そのできものが何なのか、悪いもの(悪性)ではないのかを知りたい、できれば切除してしまいたいなどの要望があると思います。
手術方法として当院では、隆起性皮膚腫瘍を中心にメスを使用する場合や、短時間でメスを使わない方法(レーザー)などがあります。以前からあるイボやホクロが急に大きくなった場合、最近新たにイボやホクロが出てきた場合、易出血性である場合や表面が汚い場合は速やかな処置が必要となりますので、まずはご相談ください。

アザ

アザというと耳障りが悪いですが生まれた時から又は思春期以降に浮き出てくる色素斑があります。
Qスイッチルビーレーザーは太田母斑・扁平母斑・異所性蒙古斑・外傷性刺青に有効で保険適用です。
1回で治る場合と何回かの照射を要する場合があります。

太田母斑

特に女性の多くにみられ頬部を中心とした顔の片側や、両側に青色からやや褐色の小さい点が集まって斑をつくっています。生まれてすぐから目立つ場合と、思春期ころに目立ってくる場合とがあります。時には眼球にも青色の色素沈着がみられ比較的日本人に多くみられる症状です。見た目が気になることが多いのですが、レーザーで色調が改善したり、消失例もあります。太田母斑に対するレーザーは保険適用されます。眼球の色素斑はレーザー照射ができませんので、現在は治療法がありません。
(画像:皮膚病アトラスより)

扁平母斑

“茶あざ”のことで体の様々な部位に点状から面状に茶褐色の色素斑があります。生まれながらの物と、思春期ころに現れるものとがあります。通常は発毛は伴いませんが、思春期ころから目立ってくる少し濃い発毛をともなうベッカー母斑もあります。
扁平母斑は自然には消えることはありませんので、ご本人が気になるものが治療対象となります。従来はドライアイスをあてたり、グラインダーで削ったりしていましたが、レーザーを照射すると消失したり、薄くなる事が期待出来ますが、レーザーを照射してしばらくは消えていたものが次第に再発したり、レーザーが効かない場合もあります。太田母斑や蒙古斑に比べて再発率は高いことは承知しておいてください。
当院のレーザーは偏平母斑に保険が適用されています。

(画像:皮膚病アトラスより)

 

異所性蒙古斑

蒙古斑は生後1週間から1ヶ月頃までの乳児期に、お尻や背中の下部にみられる青あざの一種です。日本人に多くみられ誰でも知っているあざの一種ですが、6歳までに自然に消えさほど問題にはなりません。まれにお尻や背中以外にも蒙古斑がみられることがあり、これを異所性蒙古斑といいます。
その大半は学童期までに薄くなっていきますが、色調の濃いものは大人になっても残ってしまいます。
幼児期で消えるかどうか心配な場合や、衣服に隠れない部分などは患者様や親御様の精神的苦痛を緩和するために治療の対象になることもあります。大人になっても残った場合はレーザー治療が有効です。

(画像:皮膚病アトラスより)

外傷性刺青

すり傷などのあといつまでも残る青黒い傷跡があります。
一般にレーザー治療が有効です。

ニキビ

ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡」とよばれる皮膚病で、「アクネ菌」が増えることで起こります。思春期ニキビができるおもな原因は、12歳から18歳くらいの思春期は男女ともにホルモンの分泌量がすごく高まる時期のため、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まってしまいます。そのために毛穴(皮脂の出口)に汚れがたまり、アクネ菌の活動が活発になるというものです。
アダルトニキビも、毛穴(皮脂の出口)に汚れがたまったアクネ菌が原因になるのは同じですが、ストレスが原因と考えられる大人のニキビも増える傾向にあります。

じんましん

蕁麻疹(じんましん)は急性皮膚病のひとつで、以前はすべてアレルギーが関与していると考えられていましたが、そうでない非アレルギー性蕁麻疹もあります。
すぐに治まるような発症時間の短いものを「急性じんましん」、症状が治まらないままいつまでも続くものを「慢性じんましん」と呼ぶ分類もあります。

巻き爪

「巻き爪」の正式な医学名が「陥入爪」(かんにゅうそう)。
爪が丸まってきて、肉の部分に突き刺さり、痛みを発生する病気です。
主な原因は、深爪、足の指先に負担をかける幅の狭い靴やハイヒールです。
主に、爪に負担のかかりやすい足の親指に発症するケースが多いです。

 

ワイヤー法・・・当院では痛みのないワイヤー法での巻き爪治療を行っております。爪の2か所に穴を空けワイヤーを通し、ワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して巻き爪を矯正します。爪に穴を空けるので、爪を伸ばしていただく必要があります。初診時に処置を希望される方は爪の白い部分を2,3mmのばしてご来院ください。

治療費 初診(1ヶ所) 10,000円(税込)
  再診(1ヶ所) 1,080~9,840円(税込)

乾癬

乾癬には、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、滴状乾癬などがありますが、全体の約9割を占める乾癬は「尋常性乾癬」と呼ばれるものです。
尋常性乾癬は、皮膚にできた赤い発疹の上に、白いフケのような鱗屑(りんせつ)が付着し、ポロポロと剥がれ落ちる慢性の病気です。
痒みはそれほどでもなく、アトピー性皮膚炎のように痒くてたまらないというような症状はみられません。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、先天性過敏症の一種で、湿疹を伴う皮膚炎のうちでアレルギー反応と関連があるものをいいます。
症状としては痒みを伴うこと、ジクジクしたぶつぶつ(丘疹ができ、皮がむけてカサブタになる 状態です。発疹はおでこ、目のまわり、口のまわり、くび、肘・膝・手首などの関節周囲、背中やお腹などに出やすいです。
アトピー性皮膚炎の原因としては、発汗、環境、細菌真菌、接触抗原、ストレス、食物などが考えられますが、個人個人によって原因はそれぞれ異なります。
診断の参考になるものとして、家族に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎があるか、過去に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などがあったか、血清IgE値の上昇があるかなどが挙げられます。

爪水虫

爪水虫は、長い期間にわたり水虫を患っている人ほど掛かりやすい病気です。水虫の症状としては、末期にあたるものですから、早い治療が必要です。初期であれば、比較的に早く治ることもありますので、早急に専門医の診断を受けることが大切です。
通常の水虫の場合は塗り薬で治すことが多いのですが、内部まで進行した爪水虫は、医師の処方した内服薬なしには完治は困難と言われてきましたが、近年は有効な外用薬も開発されています。

美容

しわ、たるみ

年齢を重ねるとともに皮膚の真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」の量が減少したり変性することによって肌の弾力が失われてきます。
この肌の弾力が失われるメカニズムに〝重力〟が作用したものが、タルミです。
加齢以外にも、皮膚に大切な栄養素であるベーターカロチンやビタミンC、タンパク質などの不足も原因として考えられますが、何といっても最大の外的要因は「紫外線」。
健康な真皮は、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、その間をエラスチンがバネのように張り巡らされていますが、紫外線はコラーゲンとエラスチンを変性させるために皮膚が弾力を失って、シワやタルミとなります。

 

しわ、たるみの治療についてはこちら

しみ

 シミができる最も多い原因は「紫外線」。紫外線が肌に当たると、メラニン色素が作り出されて、肌を守るために肌を黒くします。
その結果シミができます。
健康な肌のターンオーバーが行なわれている状態なら問題はないのですが、長い時間太陽光にあたり過剰にメラニン色素が作り出されたり、肌のターンオーバー機能が低下すると、メラニン色素が肌に残り、シミになってしまいます。
10年前、20年前の紫外線照射がシミとなってあらわれます。加齢によってできるシミは、新陳代謝が衰えることも一因です。
紫外線や加齢以外には「ストレス」もシミの遠因になります。ストレスが貯まると肌のターンオーバー機能が狂いがちになるためと考えられます。
女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが多く分泌されると、シミができやすくなることがわかっていますので、ピルなどホルモン剤を服用している人は注意が必要です。

 

しみの治療についてはこちら

男性型脱毛症(AGA)

男性に多くみられる脱毛症のことです。他の脱毛症と違い思春期以降に生え際や頭頂部の髪が薄くなり進行していくのが特徴です。
また、AGAは進行性で、何もせずにいると徐々に進んで行きます。まずは早めのケアが大切です。
『プロペシア錠』は、1日1回の内服薬。抜け毛の原因物質へ変換する酵素を阻害し、男性型脱毛症の進行を抑えます。プロペシア錠は、アメリカをはじめ世界60カ国以上で承認されている安全性と信頼性の高い製品です。

 

  • 両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる
  • 思春期より後になってから抜け始め進行している
  • うぶ毛のような毛が多くなりハリ・コシがなくなった
  • シャンプーやブラッシングした時の抜け毛が多くなった
  • 枕元に残った抜け毛が以前より多くなった

上記の項目はいずれもAGAの特徴を示しています。1つでも当てはまる方や気になる方は早めにご相談ください。

 

プロペシア 28日分 7,840円(税込)
 フィンペシア 30日分 4,410円(税込)
 ※別途診療処方費 初診 3,890円(税込) 再診 1,730円(税込)

勃起不全(ED)

バイアグラ錠25㎎ 20錠 22,600円(税込)
バイアグラ錠50㎎ 20錠 26,800円(税込)
シアリス20  20錠 41,200円(税込)
レビトラ10㎎ 20錠 28,000円(税込)
レビトラ20㎎ 20錠 41,200円(税込)
※別途診療処方費 初診   3,890円 (税込) 再診  1,730円(税込)

 

注射・イオン導入

ヒアルロン酸

 年齢を重ねると皮膚のはりがなくなったり、たるみ、シワができてきます。これは、真皮のヒアルロン酸が減少してくることが大きな原因です。
ヒアルロン酸注射は「シワを改善する」ためのもので、シワの下に注入し、皮膚の萎んでいる部分を盛り上げ目立たなくします。
注射ですから、キズあとは残りません。
コラーゲンが動物由来であるのに対し、ヒアルロン酸はバイオテクノロジーで作られた非動物由来製剤。そのため、コラーゲン注射はアレルギー検査が必要ですが、ヒアルロン酸注射はアレルギーの心配がありません。
効果の持続はシワの程度や皮膚の状態で個人差はありますが3ヶ月~6ヶ月、人によっては1年弱と言えます。

詳しくはこちら

ボトックス

BOTOX(ボトックス)とは、1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認されたボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱めることで、筋肉を萎縮させる作用があります。もともとボトックスは、眼瞼痙攣や顔面痙攣を抑えるため、筋肉を萎縮させる治療薬として使われていました。ボトックスが小顔やシワの解消の治療に使用されるようになったのは、筋肉を萎縮させる作用にあります。他にも、ふくらはぎの筋肉が発達して太くなってしまっている人は、ボトックスによる痩身治療の効果が期待でき、多汗症に悩んでいる人には、ボトックスでアセチルコリンを抑制すれば、多汗症の改善につながります。
このように多様に使える事と、気軽に受けれる事で、近年ボトックスを希望される方が増えております。


※全て米国アラガン社ボトックスを使用しています。

詳しくはこちら

にんにく注射

にんにく注射には、ビタミンB1誘導体フルスチアミンという成分が含まれています。
これは糖質がエネルギーを作り出す際に必要な成分で、不足すると疲れやすくなるため、にんにく注射で成分補給してあげることが有効です。
にんにく注射という名前のため、身体がにんにく臭くなってしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、臭いはすぐに収まりますのでご安心ください。
疲れが溜まっている時はもちろん、二日酔いの時にもにんにく注射がお勧めです。

詳しくはこちら

プラセンタ

 自己免疫力を強化し、自律神経のバランスを整えることがわかり様々な効果が注目されています。
プラセンタは、もともと肝臓疾患の治療薬として使われていましたが、今では、疲れ、不眠、肩凝り、腰痛、冷え性、更年期障害、アレルギー疾患にも効果がある万能薬といわれます。
美の世界では、そのアンチエイジング作用にも注目が集まり、シミ・シワ・たるみ、赤ら顔、ニキビを改善する効果があると好評です。
もちろんその効果は個人差がありますので御理解下さい。
プラセンタ注射は、プラセンタを注射することで皮膚の活性化、再生力の向上、あるいは免疫力を高めます。注射方法は、上腕に筋肉注射となります。

詳しくはこちら

イオン導入

イオン導入とは、イオン導入器を使って皮膚表面のイオンバランスをコントロールすることで、目的の成分を確実に真皮層まで浸透させる方法です。
プラセンタ、ビタミンC 誘導体をイオン導入することによって、みずみずしいお肌をつくり、張りとツヤを実感することができます。
ビタミンC の場合では、単に肌に塗布したときと比べて30倍以上も浸透するというデータも発表されています。

詳しくはこちら

自己多血小板血漿療法(PRP療法)

PRP療法では、患者さまの血から血小板、もしくは血小板から放出される成長因子を採取し、それを凝縮させて気になる部位に注入する再生医療法です。
自分の血液から作られているものを使用するため、当然拒絶反応はなく、安全管理の元で実施しますのでウイルスの感染などの心配もありません。
特に目の周りの小じわ、目の下のクマ、おでこや首のしわ、ほうれい線、お顔全体のちりめんじわに有効です。

詳しくはこちら

サリチル酸マクロゴールピーリング

 「サリチル酸マクロゴールピーリング」は、サリチル酸(BHA)をマクロゴールという基材に溶かしたピーリング剤。他のケミカルピーリングと比較しても効果が高く、副作用もほとんどない新しいケミカルピーリングです。
角質溶解作用によって角質層のみを剥離し、新たな角質層を誕生させます。
また真皮での新生コラーゲン繊維の増加が起こり皮膚の若返り効果も得られます。
肌の表面をピーリングすることによってニキビに効果があります。またニキビ跡の凹凸を目立たなくし、美白効果でニキビ跡の色素沈着も改善します。
毛穴の開きやシミ・色素沈着、肌の若返り、シワに効果があります。

詳しくはこちら

メディカルサプリメント

当院でのメディカルサプリメントとは、アンチエイジングを目的として不足しがちなビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養補給を補助します。そして、抗酸化作用などで、まさしく動脈硬化や皮ふの若返りをめざします。
医療機関では問診や血液検査を基にした最適な医療用サプリメントを処方します。

ホクロ除去

近年ホクロ治療はレーザーで短時間で気軽に受けられるようになり、ホクロ除去を目的にご来院される方が増えてきています。
信頼できる医療機関で治療を受けるようにしましょう。病状によって保険適応となりますので、まずはご相談ください。

詳しくはこちら

健クリニック アンチエイジングガイド